8日目   ヴェローナへ(約170q・約2時間30分)
                                                         世界遺産ヴェローナ観光

                                                         途中、イタリアンギフトショップへ
                                                         ミラノへ(約170q・約2時間)
                           昼食後、
                                                         ミラノ市内散策

                                                         ソルビアーテオローナ(ホテル)へ


                           ヴェローナ

                                              ヴェローナは、人口25万人、ヴェネト州ヴェローナ県の県庁所在地です。アルプスに源を発したアディジェ川が
                     町の中央をS字型に流れる落ち着いた古都。
                                              「ロミオとジュリエット」の舞台として知られ中世の町並みが残っている。
                                              2000年にヴェローナ市街が世界遺産(文化遺産)に登録された。

       

  旧市街には古代ローマの遺跡が掘ればこのように。。  もうすぐバレンタインデーなのでハート形のアーチが
恋人たちが願を込め名前を書いた紙を貼り付けたとのこと      なんと庭師が入っていてがっかり。。   永遠の愛を誓ったバルコニー  ↑
シェークスピアの悲劇「ロミオとジュリエット」の話はヴェローナ
に敵対する二名門の息子と娘の悲恋物語だが、シェークスピ
アはイタリアに来たことがなかった。シェークスピアは16世紀
前半にレイジ・ダ・ポルトという作家が書いた「二貴族の恋人の
物語」もしくはそれを種本にして書かれた、マッテーオ・バン
デッロの短編集のいずれかをもとにこの悲劇を書いている。
その種本のまたまたもとになっているのが、ダンテの「神曲」
煉獄編の第6歌。皇帝派のダンテは13世紀末のイタリアを荒廃
させる皇帝派と教皇派の争いを嘆き、この責任はイタリアを
おろそかにする神聖ローマ帝国皇帝にあるとしてこのように詠
んだ。「アルプスの北ばかりに夢中になり帝国の庭を放置して
荒らしてしまった。思慮のない人よ、来て見るがよい。
モンテッキ(モンターギュ)、カッペレッティ(キャピュレット)、モナ
ルディ、フィリッペスキの各家を。」
ダンテは対立する多くの貴族や結社の中からヴェローナの皇
帝派貴族モンテッキ家、クレモナ市の教皇党員の結社カッペレッ
ティをその代表にあげ中部イタリアを代表してオルヴィエートの
モナルディ家とフィリッペスキ家を選んだ。カッペレッティは教皇
派の結社で貴族ではなかった。ロミオの家もジュリエットの家も
本物ではないが、イメージを壊さずにその気になって観光しよう!
        紋章のカッペロ(帽子)↑        ジュリエット像    そうでしたか。。。
スカラ家の廟、ヴェローナ領主スカラ家のゴシック様式の墓  横たわった像はカン・グランデ1世の墓碑   スカラ家の教会であるサンタ・マリア・アンティーカ教会
 シニョーリ広場、ヴェローナの名門スカラ家の館       シニョーリ広場の中央に立つダンテの像    初期ルネッサンス様式の美しいコンシリオの回廊
    シニョーリ広場  ランベルティの塔のあるラジョーネ宮は12世紀の市庁舎 エルベ広場
中世の建物の壁には16世紀のフレスコ画が残っている
エルベ広場を覆う白いパラソルの下の屋台には果物、
野菜、花など所狭しと並べられている
ローマ時代にはフォロ・ロマーノと呼ばれ
4本柱のトリプナーラ。
柱の1本には首輪の着いた鉄鎖が取り付けられている
罪人が繋がれて見せしめにされたという。ここで市民たちに
よる裁判、政治集会など行われた。
  14世紀に造られたヴェローナのマドンナと呼ばれる噴水      ランベルティの塔
  何の建物だったか忘れた   アレーナ(円形闘技場)
ヴェローナのアレーナは、イタリアで最も保存状態が良い古代
ローマの円形闘技場
、1世紀の建築
   アレーナの南側は市庁舎 アレーナ前はブラ広場 西側には商店街、カフェ       ヌオーヴァ門
     落ち着いた町並み   右へ行くとエルベ広場がある  ブラ広場  芝生の公園前に映える大噴水
     アレーナから北東に走るマッツィーニ通り      市庁舎そばの観光案内所       城壁を見る
ミラノに到着後、

レストランにて昼食13時
      店内        天井
      リゾット 美味しかった      ミラノ風カツレツ  こちらも美味しかった     アイスクリームのようなシャーベット  美味!


                          ミラノ

                                       ミラノは日本の稚内市とほぼ同緯度に位置するが、最寒月の平均気温がおよそ5℃程度と比較的温暖。首都ローマに次ぎ
                                       第2位、北イタリアにおいては最大の都市で商業、工業、金融の中心。観光地としても名高い。

                                       ミラノの中心に構えるドゥオーモは、町のシンボルであるとともにミラノの町のヘソにもあたる。
                                       ドゥオーモの脇にはガラス張りのアーケードのガッレリア。おしゃれなカフェが並ぶ洗練された雰囲気の通路を抜けると
                                      イタリアを代表する歌劇場スカラ座だ。見所満載のミラノだ。
                                       それでもミラノは世界遺産には登録されていません。

 

                                      ミラノ市内散策へ その後、自由行動。
                                       私たちは、ドゥオーモの屋上見学をすることにした。

  スカラ広場   マリーノ宮市庁舎の前に建つレオナルド・ダヴィンチ像    高さ2mもありそうなカタツムリの置物?
  レオナルド像の正面の建物がオペラの殿堂スカラ座    ドゥオーモの周辺は賑やか      ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア
ドゥオーモ広場からスカラ広場へ通じている巨大なガラス
張りのショッピングアーケード
  ドゥオーモの屋上から対面のガッレリアが見える    屋根と飛び梁 ドゥオーモには135本の尖塔があり尖塔の天辺に一つ一つに
聖人が立っている
  一番高い位置に金のマリア像が輝いている  主尖塔   屋上からドゥオーモ広場を眺める
       ドゥオーモの屋上 素晴らしい      金のマリア像
  屋根の上 全て大理石なんでしょうか、すごい!        素晴らしいパノラマ
   ↑    ガッレリアの中央のガラス製のドームか
  ミラノのドゥオーモは世界最大のゴシック建築
屋上への入口はドゥオーモ外側(正面左)から
階段 5ユーロ
     ドゥオーモ広場     1386年に着工され約500年後の1813年に完成した 
             ガッレリア入口
  この紙袋にいっぱいで3ユーロ  おいしかった     焼き栗屋   ドゥオーモ広場にて
 ソルビアーテオローナのホテルへ

 イタリアのホテルは、シャワーのみが多い。
 しかもホースがなくて使いにくい。
 お湯も蛇口を捻ればすぐに出てこないし。。
 格安ツアーだからかも?
 日本は何につけても細やかな心使いで繊細だ。
 王宮 ドゥオーモの右側に建つネオクラシック様式の建物         車窓から
  野菜サラダ 盛り付け方も含めて一番よかった    ポークソティ     ティラミス


                  旅行記表紙                 旅行記menu

                                                          

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー